保湿オイル&クリーム 【潤活部】 > 効果と役割、選び方 >  クリームの役割・効果

より丁寧な保湿ケアにはクリームは不可欠!

目元や口まわりなど皮脂腺が少なく、乾燥がよりひどい部分にはクリームを使うことが増えます。クリームには油溶性の保湿成分を配合しやすく、また肌触りがやわらかく、伸びがいいといった特徴があり、より丁寧な乾燥肌のスキンケアには必要なアイテムです。

 
クリームの役割・効果について

クリームから得られるメリットや効果について

肌にうるおい成分がみっちり詰まっている健康な肌にはクリームはいりません。

むしろクリームに含まれている油分のせいで肌のバランスが崩れてニキビや肌荒れが起きてしまう可能性があります。そのため女性であれば40代になり、女性ホルモンの減少の影響で皮脂の分泌が少なくなってきてからでも充分です。

皮脂の分泌量が減ってきた影響は、皮脂腺が少なく、また動きが激しい目元や口まわりの乾燥として出てきやすいです。目元や口元に乾燥小じわがでてきたらクリームをスキンケアに取り入れる時期が来たと考えてもらえればわかりやすいはずです。

他にも保湿クリームは普段の保湿ケアを補強する役割だけでなく、化粧水がしみてしまうほどの超乾燥肌や肌荒れしているときの応急処置的なスキンケアにも重宝します。

角層が乱れた肌の状態が悪いときは、とりあえず、低刺激のクリームなどを塗って水分蒸発だけを防ぐことに徹するというのがスキンケアの基本です。肌が体調次第で揺らぎやすい人であればこうしたときのために保湿クリームを持っておいたほうがいいと思います。

と、ここまでが顔の乾燥についてのクリームの話です。

体の乾燥の場合は、アトピー性皮膚炎を除くと基本的には皮脂欠乏症というもので冬の寒さや空気の乾燥、体の洗い方が悪いせいで皮脂が不足しているのが原因です。この乾燥を防ぐには皮脂膜を補うために伸びがいい保湿クリームを使ってケアするのが基本です。

身体は部位によって皮脂腺の発達具合が異なるので皮脂の分泌量も違います。

背中や胸は皮脂腺が多く、逆に手足は少ないです。先ほどチラッとでてきた皮脂欠乏症というのは基本的にはお尻から下の部分に出てくる症状なので、冬場は特に油分を含む保湿成分入りの保湿クリームを塗ってあげるといいと思います。

保湿クリームを使う際に気をつけることは、その配合成分によって肌の水分保持力を高めてくれるなど保湿+保護の効果があるものと、肌の保護だけしか効果がないものの2種類あるということです。

当然ですが、保湿+保護機能のあるクリームのほうが値段は高いです。