保湿オイル&クリーム 【潤活部】 > 保湿ケアの最新流儀 >  皮脂とセラミドの役割

保湿とは3つの保湿因子を補給すること!

肌が乾燥してしまうのは、皮膚のうるおいを保つ「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」という3つの保湿因子のバランスが崩れてしまったためです。

そのため乾燥肌に対する保湿ケアというのは、水分を補給するのではなく、皮膚のうるおいを保つ3つの保湿成分を補給するというのが正しく、効果のあるものです。肌の乾燥は放っておくとますます悪化しますので、肌がカサカサしてきた段階でいち早く治療することが大切です。

皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質のそれぞれの働き

肌のうるおいは3つの保湿物質によって保たれています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
1、 皮脂
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

皮脂腺から分泌される脂のことです。汗と混じりあうことで皮膚の表面を覆う皮脂膜を形成し、水分の蒸発を防いで肌のうるおいを守ります。男性ホルモンが皮脂腺を刺激するため男性のほうが女性の2倍近く皮脂の分泌量が多いです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2、 天然保湿因子(NMF)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

角質層にある低分子のアミノ酸や尿素など約20種類の成分で構成されています。水分を吸湿する作用がありますが、湿度が低いと保湿力が下がってしまう性質があります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
3、 セラミドなど角質細胞間脂質
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

角質細胞と角質細胞の隙間を接着剤のようにつなぎあわせている脂のことです。角質細胞同士を強固に接着させてバリアを形成するほか、水分をサンドイッチ状にはさみ込み、逃がさない性質があります。細胞間脂質の半分を占める成分がセラミドで湿度が下がっても水分をキープできるNO.1の保湿物質です。

・・・・

肌みずからがこの3つの保湿物質をつくり、水分を蓄えておくことができれば肌が乾燥することはありません。保湿物質がきちんと働いていれば例え湿度0%でも水分は蒸発しないものなんです。

しかし、加齢や肌にとっては過酷な生活環境、ストレス、間違ったスキンケアによって保湿物質をつくる力が衰えたり、洗い落としてしまって減少してしまうと肌が乾燥してしまうんですね。

この3つの保湿物質のうち皮脂は植物性のオイルと相性がよく、オリーブオイルなどは皮脂と同じオレイン酸が含有されているということでスムースに皮脂を補うことができます。

天然保湿因子もフェイスクリームやボディクリームによく配合されています。アミノ酸や尿素が配合されているクリームは天然保湿因子を補給するものだと思っていいと思います。

そして保湿において最も重要な役割を果たしている細胞間脂質においてはセラミドを補給することで不足・減少した分を補うというのが今の主流です。セラミドは油溶性ということもあり、クリームに配合されていることが多いです。