保湿オイル&クリーム 【潤活部】 > 保湿ケアの最新流儀 >  加齢と乾燥肌の関係

加齢とともに乾燥肌になってくるのはなぜ!?

加齢とともに肌が乾燥してくるのは、皮脂・天然保湿因子・セラミドなどの細胞間脂質という3つの保湿物質を作る力が弱くなってくるからです。そのため潤い肌を保とうと思ったら肌の老化を防ぎ、新陳代謝を促進して、それでも足りない分は外から保湿物質を補給するようにします。

加齢と乾燥肌の関係について

加齢による乾燥肌に対する対策方法は?

アンチエイジング化粧品や40代や50代といった年齢層向けの化粧品というのはそうでない化粧品と比べると油分が多い特徴があります。それだけ年齢を重ねると肌には油分が不足するんです。

肌の脂といえば皮脂ですが、皮脂は年齢とともに分泌量が減っていきます。

下半身が乾燥してかゆくなる皮脂欠乏症は、老人性乾皮症ともいわれます。その理由は名前のとおり加齢とともに皮脂がなくなる影響で肌が乾燥してしまうからです。

また、皮脂以上に肌の水分保持に大きく影響している細胞間脂質も主成分のセラミドが30代以降は肌のターンオーバーが遅れだすとともに生成力も低下してしまうので、水分保持力が低下してしまい、その結果として肌が乾燥するようになってしまいます。

他にも肌において水分を蓄える保湿物質はいろいろとありますが、肌細胞の新陳代謝が低下したり、紫外線ダメージを受けたりと、老化の影響で劣化したり、減少してしまうため肌はうるおいを保持できなくなります。

20代の乾燥肌というのは生まれつきバリア機能形成のための遺伝子に異常があるか、間違ったスキンケアが原因ですが、30代ごろからは保湿物質が減ってくる老化の影響が大きくなってきます。

そのため年齢による乾燥肌を根本的に立て直そうと思ったら肌老化をそのものをなんとかしないといけません。しかし、いまのところ老化そのものは止められませんので打つ手がないといえばその通り。

できるだけ老化を遅らせること以外、やれることはありません。

もうご存じだと思いますが、肌を老化させるのは紫外線や活性酸素だといわれています。そのためアンチエイジングには紫外線対策が欠かせませんし、活性酸素を防ぐための対策が必要になります。

オイルのなかでもアルガンオイルが最近需要が増えているのは活性酸素を防ぐ抗酸化作用が非常に強いオイルだからです。オイルの良さは肌に塗っても飲んでもこうした抗酸化作用を発揮してくれるところでしょう。

そして、乾燥肌も肌のバリア機能が低下している肌状態なわけですから紫外線ダメージの影響をより強く受けてしまいますし、肌に炎症が起こって肌細胞を劣化させて老化を促進することにもつながります。

そもそも肌に水分が足りないと細胞分裂や新陳代謝など肌機能がスムースに働きません。

肌老化そのものは止めることはできませんが、できるだけ遅らせることを考えると紫外線対策や活性酸素対策と並んで保湿というのは非常に重要なスキンケアになります。放置していい問題ではありません。

しかし、そんなアンチエイジングにとって重要な保湿をほとんどの女性が勘違いして行っているのが現状です。保湿によくある勘違いについては「化粧水=保湿は時代遅れ!?」で詳しく解説します。