保湿オイル&クリーム 【潤活部】 > 厳選!保湿オイル >  ホホバオイル

ホホバオイルについて

乾燥肌やアトピー肌に使われる定番オイルといえば「ホホバオイル」。すべての肌質に安心して使える安全性や幅広い効果効能、酸化しにくく保管しやすいといった特徴もあって、オイル選びに迷ったら、とりあえずホホバオイルにしておけば間違いないといえます。

ホホバオイルの保湿効果や他のオイルとの違い

ホホバオイルは、砂漠・乾燥地帯に生息するツゲ科の植物「ホホバ」の種子から抽出されるオイルで、アロマテラピーのキャリアオイルとしても有名なオイルです。

砂漠・乾燥地帯といった過酷な環境に自生する植物の生命力を凝縮したような幅広い効果効能が一番の特徴であり、さまざまな目的に利用できる万能ぶりに定評があります。

● ヘアケア
● スキンケア
● 関節炎
● リウマチ
● 日焼けによる炎症
● 皮脂欠乏症
● アトピー性皮膚炎

ホホバオイルには皮膚の健やかさを保つのに欠かせないビタミンやミネラルが豊富に含まれており、皮脂分泌の調整作用、抗炎症作用、抗酸化作用、角質溶解作用、新陳代謝の促進作用とさまざまな効果が期待できます。

さらにホホバオイルのすごいところは、こうした効果効能が肌質をとわずに使えるというところで敏感肌や皮膚が薄くて刺激に弱い赤ん坊や肌の水分も油分も枯渇した老人まで安心して刺激を感じることなく、使用することができるということです。

(※人工心臓の潤滑油としても使用されているぐらい安全性が高いです。)

気をつける点はホホバオイルにはグレード(等級)があるということです。精製度に違いがあり、黄金色で種子の強烈なニオイがあるものから無色透明でニオイのしないものまであり、当然、肌に対する効果に違いがでてきます。

品質で選ぶのなら医療用であったり、証明書付き、黄金色のゴールデンホホバオイルを選ぶようにしてください。品質が高いほどサラサラした質感で使いやすく浸透性に優れています。

ホホバオイルは純正系オイルのなかでも特に酸化しにくいという特徴があるので長期保存が可能ですし、保管方法にもそれほど気を使う必要がありません。ズボラな人にはうれしいポイントではないでしょうか(笑)。