保湿オイル&クリーム 【潤活部】 > 厳選!保湿オイル >  馬油

馬油について

馬油(ばーゆ)というのは昔から火傷や切り傷、肌荒れなど皮膚の傷や疾患に効く万能薬として使用されてきた中国伝来のオイルです。、馬油(ばーゆ)と名前自体は薬師堂の登録商標で、本当なら他のメーカーは使ってはいけないんだそう。

馬油の保湿効果や他のオイルとの違い

馬油は植物オイルと比べるとベタつきが気になる分、脂質といったほうが的確です。

馬のたてがみや尾の付け根から採取した皮下脂肪がその成分ですから生々しくもありますし、その成分ゆえ瓶を閉め忘れたりするとアリやハエなど虫がたかってきます。猫も馬油が大好きでそれこそなくなるまで舐めまわしますよね。

馬油という名前はこれは商標だそうで、本来ならば馬油という名前で商品を売っていいのは商標登録した薬師堂だけだそうです。ちなみにその薬師堂の馬油が皆さんご存じの尊馬油(ソンバーユ)です。

さて、そんな馬油ですが、馬の皮下脂肪をそのまま売っているのではなく、殺菌処理などを加えて、丁寧にろ過し、純度を高めたものを商品として販売しています。臭そうなイメージがありますが、ニオイも加工の段階で軽減されているので気になるものではありません。

昔からあらゆる皮膚疾患や傷に効くということで家庭用の常備薬として使用されてきた古い歴史が馬油にはあるわけですが、その歴史は現在進行形であり、今も変わりありません。

馬油が愛用され続ける理由はいくつもあります。

例えば馬油には抗炎症作用と抗アレルギー作用があるのですが、これは乾燥肌やアトピー肌のかゆみを緩和したり、炎症も鎮めるのに非常に効果があります。

また、人間の皮脂と構造が似ているということで浸透力が高く、刺激も少ないためバリア機能を保護してくれることもあって皮脂やセラミドが減った肌を守ってくれる効果も期待できます。

さらには動物性脂質でありながらオメガ3系脂肪酸の「α-リノレン酸」を含有しているのも特徴で、リノール酸、オレイン酸といった必須脂肪酸がバランスよく含有されているのも馬油ならでは。

必須脂肪酸は、特に肌表面にある表皮細胞には必要不可欠な栄養素であり、必須脂肪酸が不足すると肌のバリア機能が弱り、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを招くといわれています。

こうした肌に必要不可欠な必須脂肪酸は普通、食事を通して摂取するのが基本ですが、スキンケアで補うことができるというのが馬油の魅力といえます。

アトピーや肌荒れなど炎症を起こしてしまった肌をはじめ、肌のバリア機能が低下した乾燥肌や敏感肌、かゆみのある皮脂欠乏症などの症状にはとりあえず馬油を塗っておけば症状を落ち着かせることができるはずです。

他にも皮下組織の血行を促進する作用があることからマッサージクリームとしても利用されることもあるようです。肩こりや筋肉痛を緩和できるといわれるのも血行促進作用があるからでしょうね。