保湿オイル&クリーム 【潤活部】 > 厳選!保湿オイル >  スクワランオイル

スクワランオイルについて

スクワランオイルは深海鮫の肝臓から抽出される肝油の主成分=スクワレンを精製して安定化させた動物性オイルという点がポイント。アンチエイジング成分として、化粧水や保湿クリームなどに最近よく配合されています。

スクワランオイルの保湿効果や他のオイルとの違い

スクワランオイルは「スクワレン」という成分1つで構成されています。

植物性オイルの場合、ビタミンやミネラルといったさまざまな成分が含まれていることが普通ですが、深海鮫(=アイザメ)の肝臓から抽出されるスクワランオイルは「スクワレン」1つだけで構成されています。

「スクワレン」だけでオイルが構成されている最大のメリットはアレルゲンとなる確率が低いということ。もともとスクワレンは人間の皮脂の成分として存在している成分なので刺激がなく、肌はじみがいいんですが、構成成分が1つということでさらに安全性が高いわけです。

そのため、肌が弱くかぶれやすいアレルギー体質の人でもまず問題なく使えるはずです。

オイルとしての効果は

● 新陳代謝活性効果
● 角質溶解作用
● 殺菌作用
● ヴィークル効果

といった作用があります。最後のヴィークル効果というのは、他の有効成分の浸透をサポートする効果のことです。そのため化粧水より前に使うとおすすめ。浸透力がアップします。

スクワレンは皮脂に含まれていますがこの成分もまた加齢とともに減ってしまう成分なので、それを補うことは乾燥肌に効果的です。さらにニキビや吹き出物、ニキビ跡やシミといった色素沈着にも肌の再生能力を高めてくれる作用もあるので効果が期待できます。

また、オイルにつきまとう酸化の心配がまるでいらないぐらい安定しているため、保管に気を使う必要もなく、オイル初心者の方でも扱いやすいと思います。